充実する人生の作り方【竹花貴騎に学ぶ】

竹花貴騎 サクセスストーリー

  

なんか毎日充実しない。とりあえずサラリーマンやっているけど、本当にこれでいいのか。将来も不安。


という方に、おすすめなのがこの動画です。



27歳という若さで大手企業に勤め、経営者として資産家として話題の竹花貴騎さん。



自身のYoutubeチャンネルで「成功とは?」という質問に答えいています。

人生について、どう考えるべきか。一般的に”成功”しているように見える竹花さんの考える人生とは、どのようなものなのか。


彼だけ”特別”な訳じゃなくて、結構誰にでも共通することがいっぱいありました。

けんたろう

沖縄の伝統芸能を優先した生活になりたい自分の経験に照らし合わせて整理しました。

なんで、生きているのか


毎日なぜ目を覚ますのか。なぜ仕事に向かうのか。なぜその人達といるのか。なぜそれに時間をつぎ込むのか


もしもその「なぜ」に答えられないのなら今すぐそれをやめるべき


何をやっているかは関係なしに、今すぐやめるべき


ゴールのないレースをしているのと同じだし社会に洗脳されて本当の自分を見失ってる

「お前は何がしたい」【5分で人生が変わる26歳経営者の感動スピーチ】by 竹花貴騎



あなたは考えたことありますか?



正直考えたことはなくても、なんとなく人生のカタチって決まっていますよね。

  1. 教育を受ける義務があったからイヤイヤながらも学校に通う
  2. 生きるためにはお金が必要だから仕事をする
  3. とり合えず好きな人と結婚して子供ができて、育児をする
  4. 仕事を終えて定年退職して、老後にスローライフを楽しむ



全部なんとなくでやっているし、共通認識の人生設計です。



でもそれは、本当に自分が生きたい人生なのか?と問われると、正直モヤモヤします。


だって自分には好きなことだってあるし、やりたいこともある。

大富豪になりたいわけじゃないけど、ある程度のお金は手元にあって心が豊かになる分だけのお金は欲しい。

毎日ストレスのたまる仕事なんてしたくないし、自分の好きなことをやって生きていきたい。



でも、一般的な決まっている人生設計の通りに生きていたら、絶対自分の希望なんて実現しない。



正直大学に行ったのなんて、親や先生が言ったほうがいいって言っていたからです。


一時期、就職活動をしようと思ったのは、「大手の企業に入ったら生活は安定するよ」と言われたからです。


なんの疑問も持たず、ただ周りがそう言ってるからそうだと思っていました。



でも、周りがなんとなく言ってる一般論と常識って本当にそうなのか疑問です。



✔️ なんで、今琉球古典芸能をやっているの?と聞かれれば好きだからです。

✔️ WEBライターをやっているのは、琉球古典芸能を優先するためには時間と場所にとらわれず、お金を稼ぐ必要があるからです。

✔️ MUPカレッジで勉強しているのは、自分が金銭的にも精神的にもより豊かな生活をするために、勉強したいからです。

✔️ なんで、このブログを書いているのは、自分の学んだことや経験をより確かなインプットにしたいからです。


今の自分ってどんな自分なのか


僕が23歳の時、世界でもトップ企業の一員だったのね


その頃は2児の父であり、毎日本当に必死に働いていた


終電までオフィスにいるような生活を毎日送っていたぐらい


でもある日いつも通り電車に乗ってみると
そこには感情がない顔だけだったのを覚えてるんだ

違う日に会社の上司や仲間と飲みに行った時に、ずっと僕達は会社の愚痴や仲間の愚痴。

そして自分たちの仕事にすら愚痴をこぼしている自分がとても情けなくてたまらなかった


その時自分に問いかけたのは

自分て本当は何をしたかったんだっけ

もし今仕事を辞めたらどうなるんだろう

どうやって家族を食わしていけるんだろう

周りの人は俺をどう思うんだろうと考えた

本当にねれずに一晩中考えてたのだけど

でも気づいたら次の日には上司に辞めることを告げていた

「お前は何がしたい」【5分で人生が変わる26歳経営者の感動スピーチ】by 竹花貴騎



過去の自分は、なんとなく大学に通っていました。

体育が好きだし得意だから、とりあえずその分野の大学に行けばいいと思って入学しました。


強いていうなら、和太鼓部だったからプラスαそういう伝統芸能を知れたらいいなと思っていたくらいです。

後は、日々アルバイトしてなんとなく大学生活を過ごしていました。

友達と遊んで、酒を飲んで、喧嘩をして、アルバイトの愚痴を言って…。

それはそれで楽しい学生生活を送っていましたが、将来の不安はたくさんありました。本当にこんな生活をしてて、将来はどのようになってしまうのだろうと。

でも、分からなかったし、わかるはずもないです。

だって、毎日疑問ももたずに、やらなきゃいけないことをやって、空いた時間に自分のやりたいことをやっていましたから世の中のことも知らないし、

日本の情勢も知らない。自分の興味あること以外は何にもしてないですから。


そんな知識も経験も学びもない自分が考えて出てくる答えなんてたかが知れてました。

でも、アルバイトしている時に、社員さんの姿を見て感じたのは。


自分の好きなことでもないことをして、疲労して、ストレスが溜まって、誰かに八つ当たりして…

また、次の日も次の次の日も同じことして。そんな人生絶対嫌だと思いました。

じゃあどんな風に生きていきたいのか


1%の好きな事や夢中になれる事のために

99%の嫌いな事や面倒なこともやらないとダメなんだよ

でも本当にその1%が好きなら

残りの99%の嫌いも、なぜか好きになれる

複雑に聞こえるけど

それが自分の行きたいように生きるための唯一の方法

「お前は何がしたい」【5分で人生が変わる26歳経営者の感動スピーチ】by 竹花貴騎



ここ最近、自分の本当にやりたいことが見つかりました。

それは、琉球古典芸能に関わって生きていきたいということ。



なんとなくやってみた琉球舞踊が入り口で、沖縄の芸能、文化、人を知りました。

何もなかった自分が一生懸命になれたし、何より、たくさんの人に支えられて初めて1人じゃ何もできないんだって教えてくれた沖縄の伝統芸能。

自分が沖縄にもらったものを、また誰かにプレゼントできるような人生が送りたい。



それが自分があと50年くらいの人生を生きる意味です。



だからこそ、今、稽古をします。お金も稼ぎます。勉強もします。最終インパクトがあるから、目的があるからこそ今やるべきことは明確です。


好きなことのために、苦手なことや嫌いなこともやる。

それは、自分がWEBライターという仕事を始めたあの時の気持ちそのものです。



そんな、行動が間違っていなかったと言えるよう、これから先も行動にしたいと思います。

充実した人生についてのまとめ



人生での目的がない人のやることってブレまくる。稼ぎたい!と思う前に、もっと根本的な部分ってすごく大切だと感じます。

自己啓発とかビジネス本ってありきたりだし、なんか本質的なことを言ってるようで言ってなくて苦手でした。

その点、竹花さんの話は実績からなるもので、何よりパーソナルな部分が大事だなって感じます。

そんなこんなで、最近はMUPカレッジに入学しました。

一般的なオンラインサロンの仲良しこよしの大学サークルの延長線みたいな活動には、なんか抵抗感がありました。

その点、MUPカレッジは、そんなことはなく、教材が充実しているし、竹花さん自身の経験と実践していることをお金で買ってるって感じです。


無料動画も豊富ですが、結構いいところで切れてます。


ずっと無料版だけ見てたけど、やっぱりその先にすごく大事なこと言ってました…。


このブログでは、MUPカレッジウサギクラス限定の内容も自分なりに再構成してアウトプットしています。

よかったらぜひチェックしてみてください

自分を変えたい 自己変革【竹花貴騎論】自己変革に必要なものは、これ!!【WEEK3】