スキルを身につけるためのスキル【WEEK6】

MUP-WEEK-6-竹花貴騎

  

自分も、稼げるようになりたい。でも、何から始めていいのかわからない…。


竹花貴騎をはじめその他成功者にできていて、自分にできないことはなんだろうか…

この記事では、MUPウサギクラスの動画講義で学んだ、自分の価値を高める方法やマインド、スキルのつけ方をまとめています。

竹花貴騎

結論。結論は石の上にも三年いるな。大体のスキルは3ヶ月くらいで習得できる。

竹花貴騎「 職人思考の日本人になるな 」


自分の望む未来を創るためには、実現させるためのスキルが必要です。


逆に、他者と比較して何か特化した知識やスキルが無いとどうなりますか?

誰かに雇用され、時間に対するお金をもらうことはできますが、自分の希望や夢を叶えることはできません。

しかし、いざ何かスキルを身につけるとなると、どうでしょう。


何年も何十年もやらなければ身につかないと思っていませんか?



例えば、料理人だったとしたら、もっと料理の質を上げていかないといけないって思いがち。



でもそれだと全く意味がないと竹花貴騎はいう。



スキルを身につけながら、自分に価値を生み出していく。価値つけながら多様なスキルをつけていく必要があるというのが竹花流です。



日本は水一本100円だけど、砂漠の中だったら10000円にもなり得る。なぜならば、希少価値が高くなるからです。



といったように人は、価値のあるものにお金を払います。自分の技術やスキルで稼ぐには、自分の価値を早出しなければなりません。



日本国民は、職人思考…一つの物事に対して職人的に特化すべきだと考えがちではありませんか?


けんたろう

自分はまさにそうでした。一つのことに専念して自分自身と向き合ってこれまで過ごしてきました。



多様なスキルで価値を上げろ

竹花貴騎

世の中の大体のことは3ヶ月くらい本気で学べばある程度習得できる。同じことだけしてても無駄。いろんなスキルを身につけるべき!

確かに、琉球舞踊もそうです。


ただひたすらにそれだけをやっているより、広い視野で、いろんな芸術やアートに触れて自分の中でいろんな思考のイノベーションになるものです。

けんたろう

芸能の大先輩たちには、「いろんなものを見ろ」「いろんな引き出しがあるといい」とも言います。



で、これは、仕事に関してもそうです。


MUPの講義内では、保育士の例を挙げていました。保育士っていうのは現在人材不足にあります。なのに、なぜ給料が低いのか?



それは、保育士っていう仕事の価値がないから。



日本では約120万人が保育士の資格を持っていると言われています。つまり、100人に1人が保育士。なのに人手不足なのは、給料が低いから。

では、なぜ給与が低いのか…価値がないからというところに戻ります。

しかし、同じ保育士でも、インターナショナルスクールに関しては50万くらいもらっている。

その違いは?

竹花貴騎

保育士っていうとなぜか業界の勉強しかしない。でもそれじゃ価値は上がらない。100人に1人が保育士だから。英語も中国語も喋れる等…100×100で価値のある人間になるべきだ


WEEK6講義の中で出てきた100×100の話は、藤原 和博さんの書籍に似ています。



ざっくり説明すると、人は10000時間で、その道のプロフェッショナルになる!というマインド。

けんたろう

竹花さんが冒頭で石の上にも3年いるなって話、もここからですね。



で、これはまさしく、英語も中国も話せる保育士のことでもあります。ある程度特化されたスキルを持つことで自分自身の価値が高まる。



実際に、スティーブジョブズもそう。

エンジニアだったけど、ピクサーでデザインを学んだりしている訳で…自分の領域とは違う領域を学ぶということは、実は自分の価値につながる!


竹花貴騎が実践した方法

竹花貴騎

最初はマーケッターだったけど、それだけでは価値が低い。プログラマーを学んだ。新規事業開発だった。まずは経営のスキルが必要になりました。

資料作成や営業その他。最終的に投資や買収を学んだ。




この話は、motoさん(@moto_recruit)の実体験にも似ています。




ホームセンター勤めの年収240万のサラリーマンが、転職を重ねて年収4000万になった実話。



要チェックです。


間違いだらけのインプット方法



スキルを習得するためには、効率的かつ確実にインプットする必要があります。


インプットも一つのスキルです。


例えば、大体の人が本を読んで、動画を見て、その時だけ分かったと思っている。

竹花貴騎

しかし、インプットは、アウトプットして初めてインプットになる。イメージとしてはインプッっとの中にアウトプットがある。その、アウトプットの形はなんでもいい。SNSでも電話でも。


このブログ(21kentaro)もアウトプットしながら、インプットを実践しているということになります。


竹花流インプット①本は読まずに聞く

竹花貴騎

本を ”読む” のは非効率である。



インプットは非生産時間にすべき。ホリエモンはじめ他の資本家やビジネスマンもよく本を読めというけど…実際には本を読んでない。本を聞いている。

アマゾンオーディブルが一番効率的。1.751倍で聞けるから時間短縮にもなるし、普通に本買うよりもコスパがいい。

詳細はこちら↓

けんたろう

Kindle買おうか迷ってたけど…竹花も実践してるならこっち。

竹花流インプット②ニュースピックの活用



竹花の情報収拾は、ニュースピックのコメント閲覧。一個一個見ていたら時間がかかる。タイトルとコメントを読むと大体わかる。


WEEK5は竹花貴騎の実体験



今回も「そうだよな。」と考えさせられた、講義でした。何より竹花さんの実体験からなる話は、説得力があります。

また、「100万人に1人の存在になる方法」の10000時間の話も自分自身すごく実感しています。

けんたろう

自分にとってWEBライターはまさにそう。本気で琉球舞踊を続けたいと思うからこそ、始めたライティングでそれなりに収益化できるようになっているし。



そして、今回のMUP講座WEEK5も、無料で見れます。(途中まで)



気になった方は是非、チェックしてみてください!



実際に竹花さんのトークを直接聞いていろんな人がいろんな思考をめぐらせるんだろうなーと思うと、面白い。