ビジネスで最低限必要なマインドセット【WEEK5】

うさぎクラス MUP-WEEK-5

竹花貴騎

まず、人を幸せにするなんて、考えないでください。



「人を幸せにしたい」「社会貢献をしたい」と多くの人がいうけれど…


自身は。あなたは。他者を社会を豊かにするための、”豊かさ”を持っていますか?自分自身は人を豊かにするための余裕はありますか?

“この記事の結論”

・まずは、社会貢献ではなく、キャッシュを生み出せ

・3つの収入の種類を知るべき

・自分の一秒の価値を知れ


この記事では、竹花貴騎のMUPカレッジWEEK5での学び、ビジネスで最低限必要なマインドセットをまとめました。

人を幸せにする前に自分は幸せですか?



「誰かを幸せにしたい」「社会に貢献したい」と多くの人が言ってしまいがちですが、人を幸せにするだけの時間とお金はありますか?

竹花貴騎

今の段階で人を幸せにするなんて考えなくていいです。捨ててください。



まず必要なのは社会貢献をしたいってマインドじゃなくてキャッシュを生み出すって言うマインドが必要です。



いまでこそ有名で、社会活動もしているホリエモンや前澤さんだって、まずはキャッシュを生み出している。

将来的にはもちろんよいことです。


しかし、金銭面で、生活面でゆとりのない段階で考えることではない。




まずは、お金を生み出して、自分に使える時間を生み出す必要があるのではないだろうか。


まずは、3つの収入の種類を知る【竹花フレームワーク】



キャッシュを生み出す前に、まずは収入の種類を知りましょう。

収入の種類は以下の、3つ。

TIM:Time is money つまり、時間がお金

RIM:Result is money つまり、結果がお金

KIM:knowledge is money つまり、知識がお金


TIMは、時間がお金です。

アルバイトやサラリーマンなど給与所得の人がここに該当します。一般的に、ほとんどの人がここに当てはまるのではないでしょうか?


TIMのメリットとしては、一定の給与をもらうという点において安定が見込めることです。


しかし、デメリットとしては労働時間を提供することでお金をもらっているので、決まった時間を雇用主に約束する必要がある&決められた額以上の給与をもらうことはない。という2点です。


RIMは、報酬でお金をもらっている人です。


何かの結果に対するお金をもらっている人、フリーランスでプロジェクトごとに仕事している人、サラリーマンでもインセンティブ(出来高制)がある人がここに該当します。

けんたろう

ちなみに僕ら舞踊家や役者も舞台に対する出演料をもらっているのでRIMになります。



結果を出すのが早ければ早いほど効率よくキャッシュが生まれるし、遅ければ遅いほど効率は悪くなり稼げない仕事になります。実力主義です。

そして、KIMは、知識がお金の人のこと。


経営者や投資家など、自分が実際に時間を切り売りして、何か高いスキルを誰かにあげなくても収入のある人です。

この段階になると、人を幸せにする時間もお金もできますよね。

多くの人は、TIMやRIMの時に「人を幸せにしたい」「社会貢献をしたい」といってしまいがち。

人を幸せにするための時間もお金もない段階でそれを考える必要があるのか。KIMになって初めて人を幸せにする時間やお金ができる。

竹花自身も、そうだった。収入はあっても時間はなかった。今は、竹花財団を作って人を助けられる時間とお金ができた。

ちなみに、収入の種類といえば、



ロバートキヨサキさんのこの本では、マネタイズを4つに分けて説明しています。

これまでは、

E Emplouee 従業員 

B Business Owner ビジネスオーナー

S Self Employed 自営業者

I Investor 投資家


で語られてきました。このフレームワーク、初めて聞いたときは難しくてビジネスオーナーの概念が捉えきれなかったです。(※ここでは説明省略)詳しくは、リンクから本のあらすじ見てください。


でも竹花貴騎のフレームワークではざっくり3つに分けているので、わかりやすいです。

とにかく、TIMやRIMの時点で他人を幸せにするのは、現実的ではない

まずは、お金を稼ぐことを考える。それはつまり、自分自身が自走可能な生活をするということだと感じ取りました。

じゃあいつできるのか?KIMになった時点でなおかつ、労働時間に対して、収入が上回っている状態。

竹花貴騎さん自身も、今やっと投資家として人を助けられる時間ができたと語っていました。

あなたの1秒の価値はいくら?

竹花貴騎

自分が1秒いくらなのかを考えろ!



ビルゲイツが10000円を拾わない話を知っていますか?



ビルゲイツの年収を割り算して、1秒あたりの収入を計算すると10,000円を超える。そのため、ビルゲイツは1万円札を落としても拾わない。

1秒かけて拾うより、仕事をしていた方が価値があるのです。

自分の価値を把握して、価値をあげる行動をしなければいけない。

竹花さん自身も、今日デイリーで自分の1秒はいくらなのか把握し、行動していたとのこと。経営者であろうと、雇われの身でも一緒ですね。

WEEK5を聞いて感じたこと



お金の無駄遣いをしない人は多いのに、時間を無駄遣いしている人は多い。


テレビ見て、漫画見て、ゲームして…。


その時間ってただ消費しているだけ。お金で行ったらものを買って食べて消費しているのと同じ。


じゃあその時間を自己投資に変えたらどうなるんだろう。自分が成長して稼げるための知識や世の中をうまく生きていくスキルを身につける時間にするべきではないだろうか。

数ある投資の中で一番始めやすい投資、自己投資

1秒の価値を大切にするならば、毎日毎日、1秒単位で自分の時間を大切に有効に使う必要があります。

「他者を幸せにしたい!」という前に自分が幸せでなければそれはできない。

けんたろう

それは、スターバックスで働いていた時にも感じました。


働く仲間、パートナーを大切にするスターバックスのサービスは、数あるサービス業の中でも品質の高いサービスではないだろうか。

それに比べて、他の企業といったら…社員同士の喧嘩、劣悪な労働環境。そんな状態でお客様にいいサービスを!!なんて表面的にはいってるけど、本質的でないしそういうのって細かいところに出ます。

それは、自分の人生においても同じであると改めて実感しました。


今回のWEEK5セッションも面白かったです。竹花貴騎のYoutubeチャンネルでは途中まで無料で視聴可能です。ぜひ!