【竹花貴騎論】自己変革に必要なものは、これ!!【WEEK3】

自分を変えたい 自己変革

  

今の自分を変えたい。だけど、どう行動していいかわからない。


って人、多いのでは…

MUPカレッジ、WEEK3のテーマは「 自己変革の準備 」


今回の、竹花トークでの学び、感じたことは以下

  • 小さなことを変えられないのに、大きく変わるなんて無理
  • 知らない分野、知らない人たちと出会えるコミュニティを大切にする
  • 居心地のいいコミュニティで消費しない
  • 知ってること、できることを増やして、将来を創造したい

けんたろう

自分も琉球舞踊や組踊を続けたい。好きなことを優先して生きて行くためにどう行動していいのか模索していました。



どうしていいかわからない。けど、企業で週5日1日8時間以上の時間を売ってお金をもらう生活はしたくない。


今は、月16日アーツカウンシルで文化芸術と触れ合いながら、副業をしたり勉強をしたりしています。


そんな自分にとっても、今回のMUP講義、面白かったです。

まずは、小さなことから変える



人は、知らないうちに生活にルーティンを作っている。



気がつけばいつも同じ車両に乗ってたり、いつものコンビニに寄ったりと…


確かに、気づかないうちに同じことを繰り返している…なんてこと、ありますよね。


何となく、自分の生活がルーティン化されているが…それは、人生を変える上で邪魔なもの。


「 人生、いきなりなんて変えられない。小さく始めるしかできない。 」

「 そんな小さなことも変えられないのに人生を変える大きな自己変革ができますか? 」と竹花さん…


けんたろう

まあ、できないだろう…。だって、何かを変えるって勇気がいるし、生活リズムも変えれない自分に人生の選択を変えることなんてまあできませんよ、ましてやいきなりなんて無理…。



で、


「朝、コンビニでアイスを買ってみてみては?」という提案。


これまでやらなかったことをまずやってみる。朝にアイスを買って仕事前に食べるなんて..なかなかないですよね。



ここで何が重要かって、いつもと違うことに挑戦するということ。


で、それは、大きな何かをガラリと変えるじゃなくて、小さな変化から挑戦してみるべき!ということですね。



まあ、でもむしろ、小さなことからじゃないと変えられないですね。自分はアイスは買ってないけど、朝は6時に起きるように変えてみました。

最近は定着化してきて休日でも朝から記事書いたり、勉強したりしています。



そうすると今まで寝ていた時間を作業や勉強に使えるし、この時間でしか会えない近所のおじいおばあと合うようになり


これまでとは違った朝にっています。

次に知らない分野、領域の人と会える、コミュニティを持つ




近年、ダイバーシティが意識され、多くの企業も多様性を重要視して人々を雇用しています。


自分と違う分野の人、専門の人、境遇の人の考えは、新しい視点を与えてくれます。


でも自分たち人間は、同じ人たちといるクセがついている。いつの間にか、共通点の多い人と仲良くしてしまいます。居心地がいいから…



地元の友人、学校の同級生、同じ職場の人…そのほか趣味が合う人同士で仲良くなるのは当たり前です。



でもその中生まれる会話って大体同じような内容だったり、同じような視点しかないですよね。



だからこそ、日頃から、自分と違った考えや意見を持つような人と積極的に関わろう!って思うことのが少ないですよね。


そこで、自分の領域以外の人と会えるコミュニティを持つことが大切である!という提案です。

東京大学とハーバードについて


  1. 東京大学は、ただ頭いいやつしか集まらない
  2. =多様性がない


一方で、アメリカのハーバード大学は

  1. めちゃ頭いいorお金持ち
  2. 多様性がある


頭いいやつ人だけが集まる+勉強はそこまでできなくてもお金を持っている、ビジネスできる人が集まることで、相乗効果が生まれている。

伝統芸能って限られているようで、多様性もある



伝統芸能って結構限られた人で消費されているし、コミュニティも狭い…


けど、琉球古典芸能は下は5歳くらいから上は80歳くらいまでが一緒に稽古し、関わる機会があります。


また、舞台があると様々な年齢、性別、違ったライフスタイルを送る人たちが、一緒に踊ったり歌ったりします。


伝統芸能を介して、さまざまな人経験をしている人が集まります。


一方で、琉球古典芸能コミュニティは必然と大切にしますから、それ以外での出会いや交流も大切にしたいですね。

知ってることやできることが少なければ少ないほど、価値がない




人は、自分の知っているもの、できることの範囲でしか、何かを成し遂げることはできません。



知らないものが多い人、できることが少ない人ほど視野は狭いし、視野が狭いとその中でしか考えられないから、できることも少ない。

知ってること + できること = 視野が広がり、多彩な選択が可能になる

「 視野が狭い状況で見つける夢なんて、ほぼほぼうまくいかない 」という意見はそうだなーと考えさせられます。

知ってることやできることがない人はその後のやりたいこともないから、夢もない。あなたの夢はなんですか?と聞かれて答えられますか?



まとめ

  1. 自分を変えるようってなると、大きなことを変えようとするけど、それって難しい。から小さなことから変えてみる。一見何の意味もないようだけど、視点が変わるから考え方もちょっと変わる!その積み重ねで大きな変化になる!

  2. 日々の生活で、知らないうちに同じコミュニティに依存してしまう。居心地のいい関係だけを大切にして、その中で生きていこうとしてしまうけど、違う考えや境遇の人の視点ってすごく面白い。自分も、「県外出身者」というよそ者であることに劣等感を感じずたくさんの人と関わっていきたい。



と思いました。



ちなみに、このWEEK3は、竹花貴騎チャンネルで途中まで見れます。ぜひ、チェックしてみてください。