数年後、サラリーマンは大量解雇【WEEK2】

MUPウサギクラスWEEK2




社会人のためのMUPカレッジ、ウサギクラスWEEK2のテーマは、「未来把握について」でした。

“この記事の結論”
日本にいれば、安定だ。大手の企業にいれば安定だ。と思っていたら数年後、仕事もなければ家族も養えない危機が待ってる。近い将来サラリーマンは大量解雇。



このセッションで分かったこと、自分が感じたことは以下です。

  • 国も企業も自分を守るわけがない
  • 大企業=安定はウソ(終わった)
  • 少子高齢化ってマジでやばい
  • 日本人の替えはいくらでもいる
  • AIじゃなくて人間の自分にできることをしたい


今までは、ぼんやりと少子高齢化ってやばいんだ〜、AIに仕事が取られちゃうね〜くらいでした…。


けんたろう

夢はあるのに、自分の国のことも知らないで、自分の人生計画立てていました。日本がどんな現状なのか、どのような国になろうとしているのか、。ちゃんと知ることが大切だと思いました。



日本の現状①国や企業はあなたを守らない



国は僕たちの人生を守らない。企業も僕たちの人生は守らない。

誰も守ってくれない。


↓↓現在の日本の状況↓↓

  1. 国は労働者たちの将来の面倒は見れない 
  2. そこで、定年雇用努力を義務化!
  3. 民間の企業に少しでも長く人を雇用しろと言っている
  4. つまり定年退職70歳。それまで自分で稼げということ。
  5. え、70歳まで働くの?働けるの?企業にも本人にもメリットあるの?


↓↓さらに、追い討ちをかけて↓↓

  1. 麻生さんは、「老後は3000万貯めてくれ」と発言。
  2. =年金はもらえない。
  3. もらえたとしても年金で生きていける額じゃないということ
  4. 3000万貯められない人は?70歳超えた後はどうやって生きていくの?



それに対して企業はどのように考えているのか。


企業全体、トヨタ、経団連会長も、終身雇用は無理と発言しています。

つまり、終身雇用は事実上崩壊。これまでみたいに大手の企業に入れば一生面倒見てくれるなんてことはなくなる。

そんな現状で、大手に自分の人生を委ねられるのか?国が守ってくれると思ってるの?それは大間違いじゃないか?


けんたろう

自分の将来は自分で作らなきゃいけない、主体性を持って行動しなければいけないんだと改めて感じました。


なんとなく終身雇用は無理なんだ、崩壊したんだーくらいで考えてたけど、それって本当に大きな出来事。そもそも終身雇用自体、日本では主流だけど海外ではそうじゃない。


定年退職が70歳に伸び多として、実際に70歳まで働けるのか。


70歳のになっても若い人よりたくさんの給料をもらってどんな仕事ができるのだろうか?そしてそれは、企業側としてもメリットはあるのか?


国は、「 健康な高齢者の働き手 」を増やすという狙いがあるそうだが。あなただったらどうですか?自分は無理です。

大学4年生の頃。なんとなく、就活して、なんとなく大手の企業はいって、なんとなく毎日を過ごすなんて無理ってずっと思ってました。


だけど、何をすればいいのか、どうしたらいいのかわからなかった僕は、自分が本当にやりたいこと、あの時どうしても学びたかった沖縄伝統芸能を学ぶ道を選びました。


その選択は間違いではなかったし、その選択でよかったと思えるように今を行動したいです。


日本の現状②終身雇用崩壊=スキルがなければクビ



一般的には、

  • 日系企業は、将来まで手厚く面倒見てくれる。その代わり、年功序列。
  • 外資系企業、安定しないけど、給料は高い


と認識されている。

しかし、近年は日系企業も結果を見る。外資系企業の思考に、変わりつつあります。

会社にいってればとりあえず給料がもらえることはない。
「 働かないならクビ 」という外資系の思考が浸透してきている。

けんたろう

でも、これは本当に賛成だし、そうであるべきだと思います。学生時代のアルバイトの時から思ってました。「・・・この人自分が経営者だったら絶対クビ」とか思ってました。自分もクソガキなのに…。



この状況においても大企業に就職=安定なのか?守ってもらえるのか?


結婚して子供、自分のこと、親の介護、そんな中で3000万。貯められるのか??老後に3000万なければホームレスになるのか?

竹花さんは「なんでまだ飲み歩いてるんですか?」って言ってました。笑えない、グサッと刺さりました。(笑)頑張ります。

日本の現状③少子高齢化の本当の問題


簡単に、少子高齢化とは↓↓

  1. 昔は1人の高齢者に対して複数名で支えていた
  2. 現在は1人が何人もの年寄りを支えている状況
  3. それでいて老後は3000万。できるのか?

けんたろう

絶対、無理。月30、40万程度の給与所得で無理でしょ。自分が好きな組踊や琉球舞踊なんてもってのほか。自家族も養えない。そもそも自分自身を養えない。


そして、経済面では、消費が減る。その理由は↓↓

  1. Q.おじいちゃんおばあちゃんたちは、家買いますか?車買いますか?
  2. A.買わない、そんなにお金を使うこともない。
  3. =消費がない
  4. Q.あなたが社長だったら消費のない日本に会社出しますか?
  5. A.出さない。
  6. だから海外をマーケットビジネスを展開する
  7. 海外の先進国は若者もいっぱい=消費が多い
  8. 消費が上がれば景気が上がる



ということです。あなたは、そんな現状で老後の3000万貯められますか?貯められなかったらどうなると思います?

けんたろう

僕は別に大金持ちになりたいわけではないです。けど、自分自身が経済的に一定の安定がなければ、生活できないし、沖縄伝統芸能もできない。他の人を幸せにするなんてもちろんできない。そんなの嫌です。

日本の現状④日本人に価値が無くなってきている



企業の社長達からしたら日本人の価値はそんなに高くなくなってきている。


むしろ、外国から働きに来ている人たちのが意欲的。

気づけばコンビニでは外国人多く働いている。近年は、簡単な仕事だけじゃなく、企業の戦略室(企業の脳になるようなところにまで)でも外国人が雇用されている

それは、つまりダイバーシティという竹花貴騎。

けんたろう

ダイバーシティー社会、つまり、多様性です。性別や人種の違いを問わず、多様な人材を認めるということ。自分もプログラムオフィサーの仕事を始めてからちゃんと理解しました。



また、グローバル人材がいないのも大きな原因である。
それは英語が喋れる喋れないじゃなく、仕組みを作れる人がいるかいないということ。

  1. 前習え教育で育ってきた日本人
  2. 言われること指示されることに、疑問も持たず従う
  3. なんで髪を黒じゃないといけないのか、スカートは膝下なのかetc..
  4. 先生や上司の言うことを聞いて何年間も生きてきた。
  5. 自分で何かに疑問を持たない
  6. 仕組みを作り出せない
  7. だから仕組みづくりの仕事は外国人のがいい
  8. 外国人がいれば日本人はいらない?


けんたろう

確かに本当にそう…。自分が納得したことしかやらない、好きなことにしか頑張れない自分も…そういう環境で育ってきました。


自分よりステータスの高い人が、「こうだ!」っていったら「そうだ!」とは思いません。

でも、少なからずそれに従う。けど、自分なりの信念を持って生きていきたいですね。


日本の現状⑤AIに仕事を取られる本当のヤバさ

けんたろう

AIで仕事がなくなるなくなるって言われて…なんとなく、いやー本当にそうだなーと思ってはいましたが、イマイチ危機感もないし、どこか他人事でした。


みずほ銀行は自動化によって大量解雇…人はいらなくなりましたね。テクノロジーを活用した方が効率いいからと言われれば、何も言えませんよ。


銀行員=安定と思っている人、多いのでは?なのに。「安定を求めてくる人はいらない」断言してますからね…。無知って怖いです。


この記事は、別記事ですが、とっても面白かったです。

みずほ銀頭取「もうリストラの予定ない」のPresident onlineより
https://president.jp/articles/-/25267


産業革命時代においては、景気が良くても大量解雇されたケースもある。これまで手作業でやってた仕事に、機織り機が出てきた瞬間、人件費カット。それは現代でもあり得る話。

また、株式会社の仕組みも大きく関係するという。

  1. 株式会社は社長のものじゃない、株主のもの
  2. 自己の配当を求めている
  3. 従業員のことなんか知らない、どうでもいい
  4. 配当を高めるためには効率的に生産させる
  5. 効率のために解雇なんてへっちゃら
  6. そこに情なんてない


社長が従業員の雇用を守ろうとしても、株主がそうじゃないと言えばそうじゃない。

MUPWEEK3のまとめ:日本は大リストラ時代になる

  • 国は70歳まで自分で働けという
  • 企業は終身雇用は無理、いつまでも面倒見れないという
  • 年金は払うばっかり。将来年金だけでは絶対に暮らせない
  • 結果を出せない人は、クビになる
  • ダイバーシティ社会で日本人の替えはいくらでもいる
  • AIによって人間を雇うより効率的に仕事ができるようになる


以上の点から、日本は数年後大リストラ時代が来るだろう…ということ。

けんたろう

竹花さんは「ホワイトカラーの大リストラ時代」という言葉を使っていってましたが…未来を知って今やるべきことをやるべきだと改めて実感しました。



また、社会の流れを知ることの大切さを本当の意味で知りました。これまでは、なんとなくわかっていただけで、どこか他人事でした。


そんな中、好きなことを一生懸命やるという人生を選択して本当によかったと感じると同時に人一倍勉強したい。


情報社会でいち早く情報を入手して未来に対策、投資することで、自分の暮らしをより豊かにしたいと感じました。それは、大量のお金が欲しいということではないです。


健康で文化的な最低限度の生活がしたい。ということです。
にしても、MUPのWEEK2めちゃくちゃ面白い。



ちなみにこのWEEK2。竹花貴騎YouTubeチャンネルで途中まで見れますよ〜